« 日本の食糧を支えるもの | トップページ | ホメオパシーについて(立場表明のようなもの?) »

松永和紀氏のブログでTPP ~日和佐信子・雪印メグミルク社外取締役の話~

摂津国人さんのコメントで教えていただいたのだが、松永和紀氏のブログでTPPに関する話題が取り上げられていた。日和佐信子・雪印メグミルク社外取締役に毎日新聞がインタビューした記事で、どうやら毎日新聞の記者がとんでもないことをやらかしたらしいのだが、現在はネットでも記事を読むことができず、確認できないので、今回はその是非については問わない。

というわけで、この話に関しては松永氏を信用しているので松永氏の話のとおりだとしたい。であれば、日和佐氏の主張(詳しくは松永氏のブログを参照されたい)にはおおむね賛成である。だからこそ、繰り返し言っていることだが自分の立場から出せる情報はできるだけ出し、少しでもいい方向へ向かえるよう努力したい。

ただ、松永氏にとって毎日新聞が元の職場であったにしても、もう少し踏み込んでしっかりとした批判をしてほしかった。松永氏が毎日新聞に愛着を持っているならなおさらその自浄努力を引き出すためにもそうすべきだったと思う。

今回はほとんど他人のブログの紹介だけになってしまったが、これも少しでも多くの人に読んでもらいたいと思ったので新たにエントリーを上げさせていただいた。

|

« 日本の食糧を支えるもの | トップページ | ホメオパシーについて(立場表明のようなもの?) »

コメント

 こんばんは
 本文とはあまり関係は有りませんが、松永さんブログの過去の記事に個人的には興味深いコメントが書かれていました。

>シンジェンタCEOの、遺伝子組み換え小麦についての発言‐松永和希blog
http://blog.goo.ne.jp/wakilab/e/5119eaf790d852b6ebf9c186947b5deb

 篠原信氏 (独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所 野菜IPM研究員)のコメントです。
 原文は此方でしょう。

>Policy Space.com::政策空間 日本は何人養える?―食料自給一問一答(前編)―
 http://www.policyspace.com/2006/04/post_507.php
>Policy Space.com::政策空間 日本は何人養える?―食料自給一問一答(後編)―
 http://www.policyspace.com/2006/05/post_520.php

 内容が妥当であれば日本の農業の議論を行う場合にはこの点は頭に入れておいたほうがよい情報だと思います。

投稿: 摂津国人 | 2010年12月13日 (月) 23時31分

>摂津国人さん

コメントありがとうございます。

なるほど、国内での有機農業がその栄養的収支を考えていない贅沢でしかないと言う認識はありましたが、化石燃料の投入効率まで考慮したこういう試算があることは寡聞にして知りませんでした。世界的な農地の争奪のことと言い、農業の専門家を名乗るにはまだまだ足りないところが多いようです。

松永氏のブログも読んでいるようで過去記事のコメント欄は読み逃しているあたりも恥ずかしい限りです。食料自給率や食の安全保障に関する議論に関しても重要な情報であると思います。まだ自分の中で消化し切れていないため、エントリーをあげるにはまだまだ時間が必要かと思いますが(あげるかどうかもわかりませんが・・・)、今後の農業生産に関する自分の思考にとっても大きな意義のあることだったと思います。

投稿: がん | 2010年12月15日 (水) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524199/50269940

この記事へのトラックバック一覧です: 松永和紀氏のブログでTPP ~日和佐信子・雪印メグミルク社外取締役の話~ :

« 日本の食糧を支えるもの | トップページ | ホメオパシーについて(立場表明のようなもの?) »