« COP10でEM菌 | トップページ | 意外に重症だったVTRの不具合 (’10.8.22追記) »

有機農業の会合で

先日、有機農業担当者の会合に出席した。

県の関係者のほか、JAの販売担当者、有機農業推進の民間団体、有機や減農薬にこだわった民間産直の経営者や有機農産物を生産する農業法人などが集まり、今後の当地域における有機農業の推進方策について議論を行った。

やはり、というか生産者などの団体が参加しているため、会における共通認識は「安全安心を求める消費者のニーズに合致し、なおかつおいしいものが有機農産物である」というものだ。少なくとも県関係者、中でも技術系の職員はわかっているはずだが、有機農産物は必ずしも安全安心を保証できるものではない。おいしさについては一言では語ることはできないが、これは別エントリーで述べているので、今回は触れない事にしたい。
ともかく、会の進行自体が「安全安心でおいしい有機農作物」という前提で進められている事に違和感を持った。あまりにもそういう前提が当たり前のこととして議事が進められていくものだからつい一言言いそうになったが、以前某偉いさんから「行政の関係者が有機農産物に対して生産者の前で否定的な発言をしないように」と釘を刺されていたためかろうじて「大人の態度」でこらえた。

しかし、本当にこのままでいいのだろうか。行政としても循環型農業の推進を掲げ、有機農業の推進法も施行されている現在、「上の方針に従う」公務員としてはこういった会を滞りなく進行させることも重要な職務であろう。とはいえ、せめて考え方だけでも科学者たらんとしている自分としては、その信条に逆らい続けるのも心苦しいものがある。
有機農産物の生産者が有機というものを「単なるイメージ的な付加価値である」と理解し、戦略として使うのならいいのだが、徹頭徹尾「いいもの」として話が進んでいくので少々つらかった。

もちろん、有機農産物そのものはともかく、それらを栽培し、高品質な農作物とする生産者の努力はすばらしいものである。本気で品質第一を目標に生産されているものは農産物そのものもすばらしいことが多い。しかし、これまでも繰り返し主張してきたように、「有機だから、自然だからいい」というものではない。農業自体すでに自然ではないのだから、品質と収量を上げようと思えば、その自然でない部分を何かしらそれ相応のもので埋め合わせなければならない。それが普通は、農薬であったり化学肥料であったりするわけだから・・・。

しかし、多くの農家や消費者が自然や有機農業とは無条件でいいものと思ってしまっている現状については、われわれのような立場の人間にも多大な責任があるだろう。今回の会でもそのあたりを指摘できなかった自分の態度にも忸怩たるものを感じる。自分はニセ科学批判もやっているが、これではニセ科学信奉者のことも笑えまい。だが、やはり職務的にも、そして人間としても無用に「その場」を荒らすのは得策とはいえないとは思う。大変に厳しい道だとは思うが、ソフトランディングを目指し、一人でも多くの人が正しいものの考え方を身につけてくれるよう努力したいと思う。

|

« COP10でEM菌 | トップページ | 意外に重症だったVTRの不具合 (’10.8.22追記) »

農業」カテゴリの記事

コメント

がんさんの思い,よく分かります。

普及指導員などでも,有機・農薬節減=安全な農産物,といったイメージから抜けきれない人は少なくないと思います。

こうした誤解については,放置しておくと,農業者が景品表示法違反やJAS法違反等で不利益を被る恐れがあるため,なんらかの形で適切な情報を農業者に提供する必要がありますし,行政組織の責任でもあります。

2年ほど前,当時所属していた管内で,販売に係る表示ついて,不適切な表示をしてたため(農業者に他意はなかった),農業者が取締部局の職員から口頭指導を受けた事例がありました。
このときは,農業者が口頭指導を素直に受け入れ,表示等を直ちに適切なものに変更したため,当初の口頭指導以上のペナルティはありませんでしたが,成り行きによっては認証・認定取り消し等の処分を受ける可能性も否定できない状況でした。

こうした事例を目の当たりにして以降,今まで以上に組織内で,有機農産物や特栽,エコファーマー等に対する適切な認識を強調するようになりました。

がんさんが仰るとおり,各種の認証・認定を受けている農業者の多くは,がんばって丁寧に栽培していています。その苦労が,誤った情報によって打ち消されないためにも,普及指導員を始めとする関係者は,常に適切な情報提供を行うよう,心がける必要があると,私は強く思っています。

投稿: tahata | 2010年8月12日 (木) 11時21分

>tahataさん

コメントありがとうございます。

今のところ、私の方では幸いにしてそう言う事例はありませんが、常に留意しておくべき問題だろうと思います。何か問題があってからだと、取り返しのつかない事もあるだろうし、どうにかしたいのですが、ハードランディングでは結局納得いかないまま物別れに終わる可能性もありますし、非常に悩ましい問題です。

件の会合でも本音は別にして、私1人が「こちら側」のような雰囲気でしたので、かなり窮屈な思いをしました。

そんな中でもtahataさんのような方がおられるのは非常に心強い限りです。とにかく身近なところからだけでも認識を改めていって貰えるよう頑張ります。

投稿: がん | 2010年8月12日 (木) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524199/49124915

この記事へのトラックバック一覧です: 有機農業の会合で :

« COP10でEM菌 | トップページ | 意外に重症だったVTRの不具合 (’10.8.22追記) »