« VTRインプレッション&燃費 | トップページ | VTR エンジン不具合? »

民主党・・・そんなに期待していたワケじゃないけど

最近の民主党のドタバタぶりは目に余るものがある、とほとんどの人が思っているに違いない。鳩山さんはあまりに決断力に欠けているように見えるし、そのほかの大臣連中も野党時代に比べて勢いを感じられない。

現在、民主党が政権政党にあるのは、自民党の自滅もあるが、野党感覚を保ったまま政権運営をすることである程度現実路線もふまえながら野党なりの理想を上手く絡み合わせて今までにない「国民目線の政治」を実現してくれるのではないかという期待感からだったのではないかと思う。みんながみんなそうだとは言わないが、少なくとも自分はそうだった。
いや、もちろんそこまで理想的なことができるとは思っていなかったが、少なくとも「自民党と結局は同じ」と見られることだけは避けるだろうと思っていたのだ。

もちろん、政策的には違うことをやっているし、変わった部分もあるが、かなりの割合の国民には根幹に流れる本質は変わらないのではないかという印象を与えていると思う。もちろん、未だに何もなしていない政権政党を政権を取ったと言うだけであれだけ叩きまくるマスコミもどうかと思うがちょっと叩いただけでほこりが出まくる民主党も民主党である。

民主党が政権を取って、「事業仕分け」をオープンにしたことなどその内容は別にしてそれ自体は評価できると思う。とにかく、自民党に比べれば「国民目線」を取り入れようと努力していることは伺える。

しかし、そういう努力を無にしているとまでは言わないが、足を引っ張っているのはやはりなんと言ってもそのトップは小沢一郎だろう。かつて小沢が自民党を割って出た時、理想論だけを唱えてほえ続ける既存野党と違って、現実を知る自民党の中枢にいた人物として現実的な政権運営感覚を持ちながら、野党目線での政策による政権運営ができるのではないかと期待していた。私個人的には少々汚い金を手にしようが、そのマイナス点を差し引いてでもなお国全体の利益を上げることができれば政治家はそれで良いと思っている(これには異論もあろうが、その点での議論はとりあえず今回は避けて頂ければありがたい)。
だから、小沢が自民党時代と変わらない金集めをしていたとしても、国益にかなう政治をしてくれれば一貫して民主党を支持するつもりだった。その点においては、マスコミが小沢を極悪人であるかのごとく(そのとおりかもしれないが)主観的報道をするのには少々辟易している。週刊誌はおいておくとしても、少なくとも「報道機関」を自認するところについては、事実を淡々と報道し、冷静に解説を加えるだけとするべきだろう。

しかし、小沢一郎がそういう国益にかなうことができているのかというと今のところとてもそうだとは思えない。民主党では、岡田外相や前原国土交通相がまだ好感の持てるところを見せているが、小沢がそれらの重しになっているように見える。中国にすり寄って見えるところもあまり気持ちの良いものではない。いたずらに中国を敵視するつもりもないが、天皇陛下すらないがしろにして中国に気を遣う様子を見ていると気持ち悪くて仕方がない。
新進党を作ってぶっ壊し、自由党を経て民主党に合流とこの男がいったいどこを目指しているのかさっぱりわからない。新しい政治の流れを作るのかと思いきや、政策が少々違うだけで結局体質が自民党と同じなのではなんのために政界再編を仕掛けたのか、いったい何をしたいのか私などではその本音について想像も付かない。どこを目指して行こうとしているのかわからない人間など怖くて支持できない。もちろん民主党=小沢一郎ではないから、個別の人間(議員)を見て考えればいいのだが、やはりそのためには自分自身の社会人としてのスキルを上げていくしかあるまい。自分がわかっていなければ、また他人の善し悪しも判断はできないのである。

|

« VTRインプレッション&燃費 | トップページ | VTR エンジン不具合? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

思うに、小沢一郎の政治家としての存在意義と謂うのは、「非自民政権を実現する」と謂う目的に特化していたんではないでしょうか。これは勿論、当人の目的意識がそう謂うものだったと謂う意味ではなく、飽くまで「歴史的」な視点に基づく解釈ですが。

政治家・小沢一郎個人の政治的信条と謂うのは、最早現時点の国情では意味がないんだと思うんですね。嘗ての新自由主義者時代の考え方の多くは、自民党が同様に新自由主義に舵を切った二〇年くらいの流れの中で徐々に意味を喪っていったのだし、明確に新自由主義を前面に打ち出した小泉政権の登場とその惨憺たる結末を受けて、小沢一郎固有の政治的スタンスはすでに無意味だと謂うことが証明されてしまいました。

残っているのは政局における選挙屋としての役割だけで、それも民主党が政権を奪取してしまった段階で終わっていて、今の小沢一郎の立場は「竜退治が終わった後の英雄」みたいなものでしかないと思うんです。五五年体制と謂う長期に亘る自民党の天下が終焉を迎え、今や解党の岐路に立たされている現状では、反自民の帰趨を決するキーマンとしての役割も終わってしまって、結局残ったのは「おまえだって極め付けの自民体質の金権政治屋じゃないか」と謂う積もり積もった穢れだけ。

こう謂う事柄を過度に文芸的に受け取ってはいけないと思いますが、自民から出て終始自民と謂う強大な既存勢力と対立し続けた小沢一郎の存在意義は、結局自民が根腐れして斃れてしまった段階で終わってしまっていて、自民的なる政治の穢れをも体現していた小沢一郎には、ポスト自民の新しい時代を切り拓くことが許されないのだろうと思います。

で、多分彼は過去の穢れを負って新しい時代から排除されちゃうんだろうな、と思いますし、小沢一郎が過去の因縁と共に政治のステージから排除されない限り新しい時代は始まらないんだろうな、とも思います。まあ、多分その際には鳩山一族も巻き添えを喰うんだろうと思いますけれど(笑)、政治と謂う大枠の問題から考えれば鳩山由起夫がいなくなっても誰も困らないし、鳩山本人も困らないので大過ないと思います。

投稿: 黒猫亭 | 2010年3月14日 (日) 13時25分

なるほど。たしかに今までの政治の流れを大きく変えるという意味では、良きにつけ悪しきにつけ彼の役割は大きかったのでしょうね。そこにのみ小沢の政治家としての存在意義もあったのでしょう。

もしかして、旧来の価値観による政治を断ち切るためにそれらをひっくり返した上で心中する役割を神に与えられているのが小沢なのかもしれませんね(笑)
民主党ってそのためだけに存在して、すぐに政界再編の波に飲み込まれて小沢と一緒に消えていくのかな。ついでに菅直人もあっちに連れて行かれるかもしれません(笑)

しかしやっぱり、小沢本人の目的意識がわからないのは気持ち悪いもんです。

投稿: がん | 2010年3月14日 (日) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524199/47805538

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党・・・そんなに期待していたワケじゃないけど:

« VTRインプレッション&燃費 | トップページ | VTR エンジン不具合? »