« 状況は厳しいが・・・逆にチャンスか? | トップページ | 農林水産大臣政務官まで・・・このていたらく »

VTR到着!(追記あり)

と言うわけで、先週金曜日に待ちに待った(笑)、VTRがやって来た。

Dcf_0221b Dcf_0222c



こんな感じである。タンクとテールカウルの塗装がややつやを失っていたので、掃除してワックスがけをしたところ、ずいぶんと綺麗になった。心配だったエンジンはチョークを引くと一発でかかり、アイドリングも安定している。
安く落札できただけあって、各所に小さなキズ、サビがあるがバイクとしての機能に問題がありそうな箇所はない。早速試乗してみると、Vツインだけあって低速トルクがきちんとあり、同時に上までもきっちりと回る。下から上まで特にトルクの谷も感じることはないし、非常に調子の良いエンジンだと思う。

土曜日になって、ヴェンチュラのキャリア+KAPPAのトップケース、汎用のメットホルダーを取り付けた。他に、金曜日に薄暮の中を走ってヘッドライトが少し暗いような気がしたので、110/120w相当(色温度4700k)と書いてあるH4の高効率バルブをドンキホーテで買ってきて交換してみた。写真は撮っていないが、明るくなったような感じはする。まぁ、車用なので、耐振動性はよくわからないが、2本で880円なのですぐ切れても仕方あるまい(笑)

100116_113658 100116_113714








そのほか、最寄りのホンダドリームでフラッシングオイルを使用したエンジン洗浄とオイルフィルターおよびオイル交換を行ったが、急に出かける用事ができたので、詳細は後ほどの追記としたい。

で、追記である。

土曜日にキャリアなどを取り付けたあと、空気圧を見ていなかったことに気が付いてチェックしてみたところ前後ともに規定圧にやや足りなかった。そこで、自転車用のポンプで空気を入れ、エアゲージでチェックしながら調整して規定圧に合わせた。それでようやく少しは安心して走れる状態になったかなと思えたので、ホンダドリームまで出かけた。

ホンダドリームではキャンペーン中だったのでフラッシングオイルを使うとオイルフィルターを工賃ごとサービスしてくれるという。そこで少し値は張ると思ったものの、古いバイクなのでお願いすることにした。手順としては、古いオイルを抜き、フラッシングオイルをエンジンオイルの規定量よりやや少ない目に入れて10~15分ゆっくり走り、フラッシングオイルを抜いてからオイルフィルターを交換、新しいオイルを入れると言う事になった。

フラッシングオイルを抜いたあと、サービスの人が「オイルをご覧になりますか?」と聞いてきたので、見せてもらうことに。すると、さっき入れたばかりの新しいオイルが真っ黒だった。「これだけエンジンとギアが汚れていたということです」とのこと。その後、フィルターとオイルの交換が終了し、締めて¥5,020だった。

さて、これでようやく本当に安心して走れる状態になったと思う。手をつけたいところはまだあるが、今は小遣いが尽きてしまったので、次に何かするのは暖かくなってからである。それと、まだ距離を走っていないので、自分なりのインプレッションも別エントリーで、としたい。

|

« 状況は厳しいが・・・逆にチャンスか? | トップページ | 農林水産大臣政務官まで・・・このていたらく »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524199/47317566

この記事へのトラックバック一覧です: VTR到着!(追記あり):

« 状況は厳しいが・・・逆にチャンスか? | トップページ | 農林水産大臣政務官まで・・・このていたらく »