« JIN -仁- ドラマ化 | トップページ | 自然な農作物が美味しいとはどういうことか?(修正09.09.29) »

自然な農産物って?

私が環境保全型農業の推進をしているという話は以前にもしたことがある。そこで言う環境保全型農業とは単純に言うと減(化学合成)農薬、減化学肥料(無農薬・無化学肥料も含む)栽培のことだ。作業に伴うCO2の排出などはほとんどの場合考慮されていない。
一般的には消費者の自然志向および安全・安心志向に応えるためのものと理解されている。しかし、安全・安心と減農薬・減化学肥料栽培が必ずしも直結していると言えないこともすでに述べた。

なので、環境保全型農業といいながら、どちらかといえば意欲ある農家の販売戦略的に活かされるものだと自分としては考えている。ということからして、自分の中ではそれほど「良いもの」としての根拠が感じられないものを一般の消費者が抱いているイメージを利用して販売に活かそうとしているのだから少々心苦しいものがある。

しかし、安全・安心については農薬・化学肥料とも問題がないことも以前のエントリーで取り上げており、となると後は自然志向についてはどうなの、ということになるだろう。ただ、農業という形態が必ずしも自然な状態ではないということもそのエントリーで説明したとおりである。それでは、農業という形態を除けば作物は自然であるといえるのだろうか。

スーパーなどで青果物を見てみよう。キャベツやレタスなどの葉菜類はアクがなく、柔らかい可食部が大きいため、そのまま刻むだけでも食べることができる。なすやトマトなどの果菜類も可食部が柔らかく大きく、甘みもある。そう言った例は枚挙にいとまがないが、そう言う植物が自然に生えているだろうか。まぁ、なくはないだろうが、あっても非常に希有な例であると言えるだろう。もしこういう植物が自然界にあったらどうなるか?たちまち虫や病気の標的にされ、とても生き残ることはできないだろう。つまり、これら野菜や果樹などの栽培品目は、人間の庇護なしにはとうてい生き残れないのである。よしんば、生き残れるものがあったとして、自然の中に放置されて生えているだけではとうてい今の人間の人口を支えるだけの収穫は得られまい。

そう言った生命力の弱いものを現在通用している市場流通価格で提供しなければならないし、現代人の仕事として成り立つ程度の労働力でやって行くにはやはり「科学的な」農業が欠かせないだろう。もちろん、努力や創意工夫で無農薬や無化学肥料による栽培が成り立たないわけではないが、それは大多数の農家にとっては負担が大きすぎるし、小さな負担で成り立つのならここまで科学的農業が発達するはずはないのである。

そう考えれば、「自然農法」という言葉はどう考えてもまやかしに過ぎないと結論せざるを得ない。どうしても、自然のものだけで食料を調達したいというのなら人間の手が入っていない未開の地でそこにそれこそ「自然に」生えている植物や生きている動物を採取・狩猟するだけで生きていくしかない。

ちまたにあふれる「自然なもの・天然のものだけを使用しています」という言葉はそれを聞く人間にとって心地よくないものを排除しているだけに過ぎない。自分に都合の良いところで自然とそうでないものを線引きしているだけだ。きちんとした科学的態度に基づかず、イメージだけで「自然」を志向していると最良の選択を逃し続けることになりかねない。

|

« JIN -仁- ドラマ化 | トップページ | 自然な農作物が美味しいとはどういうことか?(修正09.09.29) »

農業」カテゴリの記事

コメント

> 意欲ある農家の販売戦略的に活かされるもの

私も,同じ認識です。
それで,私は構わないと思っています。
というか,その程度の利用価値しかないと思っています。

有機JAS,特栽,エコファーマー,いずれにしても生産者は苦労して栽培していると思います。(アングラ資材使用者除く)
これらの制度を「食の安全」とリンクして理解している生産者は,その旨を販売戦略の中で前面に出しているため,表示等の訂正をいずれは求められると思います。そうなると,苦労して栽培している生産者が損をする事も有り得ると思われるので,事前に制度への正しい理解をしてもらえるよう,この点は意識して注意しています。

投稿: tahata | 2009年8月30日 (日) 20時37分

>tahataさん

コメントありがとうございます。

そうですね。tahataさんのブログを拝見させていただいても、一貫した姿勢で取り組まれているようで、心強いです。

私の場合は、そこまで徹底できているかというとはなはだ心許ない限りです。私の以前のエントリーを読んで頂けているかどうかわかりませんが、「いろいろなレベルの生産者に均一な理解を得ることは難しい」と書いたことがあります。そんな中で、科学的な姿勢を貫こうとしても難しい面があって、その辺をいなしながら仕事を進めている自分に少々疑問を感じてもいます。

ですが、tahataさんのような方もいらっしゃると言うことで、それを自分の中での追い風として、自分の取り組み姿勢ももっとしっかり信念を入れていきたいと思います。

投稿: がん | 2009年8月30日 (日) 22時35分

実際に有機農法を手懸けておられる方がいらっしゃるところでこう謂うことを言うのも微妙なんですが、オレはどうも有機農法を付加価値として扱うのも少し悩ましいところがあるな、と謂うのが正直なところです。

有機野菜に価値を感じる人々が「おまじない」や「ファッション」と割り切っていれば問題はないんですが、基本的には農薬や化学肥料が危険だと思っていたり、有機野菜のほうが美味いとか栄養価が高いと思っていたりする人が大半で、マクロビなんかの食養思想とも接点がありますよね。

なので、有機農法の付加価値はその種の誤解や極端な思想性に根拠があるわけで、長期的に見て農業全体にとってあまり望ましいものだとは思えないんですね。過渡的な経営戦略としてはアリでしょうけれど、やはり何処か後ろ暗さが附き纏うわけで、オレなども農薬や化学肥料を忌避する無根拠な誤解に対して批判的な言論を行っているわけですが、そのような批判の射程に入ってしまいかねない危うさがあります。

ただこれは、消費者の側の安全・安心のニーズがその種の偏見に汚染されている以上、そのような偏見に応じる形で供給があるのも自然なわけで、そこが悩ましいところです。

中長期的には、やはり国産ブランド米のように純粋に美味い野菜の生産を追求して、それが付加価値になるのが望ましいと思うんですね。美味しんぼじゃないですが、やはり通年出回っている安価な野菜にはさほど美味くないものも多いわけで、それは農薬や化学肥料の問題と謂うより旬外れだから美味くないわけですが、品種改良や栽培法の改良によって通年で美味い野菜が手に入るとか、そう謂う方向性に付加価値を求めたほうが、本当は消費者にとっても有り難いはずなんですよね。

どうも、広告屋さんに踊らされているとしか思えないエコ・ロハスのムーブメントとか、アヤシゲなニセ科学が介在する自然志向とか、そんなのは回り道でしかないと思うんですが、世間ではマスメディアを交えてそんな胡散臭いニーズを掻き立てるのに必死になっているわけで、そんなことよりも、もっと農家の方々が胸を張って「ウチの野菜は美味いんだ」と言えるような方向性に持っていくことは出来ないのかな、と常々考えています。

投稿: 黒猫亭 | 2009年9月 4日 (金) 15時20分

>黒猫亭さん

>実際に有機農法を手懸けておられる方がいらっしゃるところでこう謂うことを言うのも微妙なんですが、オレはどうも有機農法を付加価値として扱うのも少し悩ましいところがあるな、と謂うのが正直なところです。


正直言って、おっしゃるとおりの面があることは否めません。なので、行政としては「循環型農業の推進」とか「環境保全型農業の推進」という看板を掲げているところが微妙な線ですね(笑)
それで、上にコメントをくださっているtahataさんもご自身のブログでおっしゃっていますが、有機栽培とか、特別栽培農産物(減農薬、減化学肥料)であっても、安全、安心などを標榜することは優良誤認に繋がる可能性もあり、慎重な姿勢が必要だと思っています。

ところが、有機農産物等がそう言うものだと認識した上で自身の売り上げ向上に利用している生産者は別として、ほとんどの有機栽培生産者は安全・安心で美味しいものを作っていると無邪気に信じているのでなかなか面と向かって科学的認識を説明するのは難しいものがあります。このあたり、はっきりした態度をとれない自分に忸怩たるものを感じてるわけです。

本当に、いつまでもこういうものに拘泥しているのは回り道に過ぎないと思いますが、データに基づいた科学的思考が苦手で、感情的危険認識を信じる人の方が多い現状を急に変えることはなかなかできないですね。ですから、こういうブログなどでどれほど効果があるかはわかりませんが、地道にやっていくしかないですね。

本業の方でも、ここで話したことをきっかけにもっと「本当のこと」を拡げていきたいです。

それから、黒猫亭さんがおっしゃっているとおり、有機であろうとなかろうと、美味しい自信があるのならおいしさそのもので勝負したら、と思うのですけど、その辺は微妙な問題を含んでいるので、エントリーを分けて論じたいと思います。

投稿: がん | 2009年9月 4日 (金) 18時36分

 はじめまして、お邪魔します。

 料理人で”自然派ワイン”の関係者です。
 論旨については「ほぼ」同意します(一部の農産物において意図を持って丁寧に行われた有機農法類が結果的にでも食味に好影響を与える可能性があると考えています)。
 
 食品についてはどうも、生産者も消費者も食味などの品質や商品価値を高める為の手間や工夫を、精神や道徳等の人格論的な考えで理解してしまう部分があるのでしょう。
 そのあたりが生産者側の信念としてあるのは本人のモチベーションの問題ですので悪くないとは思うのですが、安易にレッテル張りに使われるのは困りものだと感じます。

 ”自然農法”も価値の表現として使われるのならまだしも、他の「まともな」農法や農作物を非難する方便として理解されるのならば問題です。
 一部の人の言う様な「何にでも二元的な価値の対立がある」とするのは安易だと考えています。
 「敵」を見つけないと「良い事」を証明できないと考える人もそれなりに多いのでしょうか。

 この辺りの農業政策もヨーロッパの原産地呼称制度のような曲がりなりにも地産農作物の評価方法が元々有ったとすれば、より有意義に働いたのかもしれません。
 
 根拠の無い安全性の話を振り回さないと農業を評価できないのだとすれば残念な話です。

投稿: 摂津国人 | 2009年9月 4日 (金) 22時54分

>摂津国人さん

>論旨については「ほぼ」同意します(一部の農産物において意図を持って丁寧に行われた有機農法類が結果的にでも食味に好影響を与える可能性があると考えています)。

この()内については私もそう思います。しかし、この部分については、独立したエントリーにしたいと思っていたところなので、詳しくはまたそこで論じさせていただきます。申し訳ありません。

たしかに、有機農産物等に取り組んでいる人は、ただ単に美味しいものを供給しているというより、環境などの役に立っているという信念も持っている人が多いですね。
ただ、それだけではなくおっしゃるとおりの二元的な善悪論に陥ってニセ科学的思考で有機や自然農法を論じてしまっている人も一部いるのは、農業全体にとっても迷惑な話です。

とにかく、自分の農作物をほかと差別化するためにあやふやな根拠を利用するのではなく、自信があるのなら農作物自身のおいしさなどの「品質」で勝負して欲しいものですね。

投稿: がん | 2009年9月 5日 (土) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524199/46070353

この記事へのトラックバック一覧です: 自然な農産物って?:

« JIN -仁- ドラマ化 | トップページ | 自然な農作物が美味しいとはどういうことか?(修正09.09.29) »