« 農業の魅力って何だ | トップページ | 政策も研究も担当者は現場を見てから! »

トヨタ、現行プリウス値下げ・・・なりふり構っちゃいられない?

トヨタが、新型プリウス発売後も現行プリウスを値下げして併売すると言うことだ。

しかし・・・いくらインサイトが低価格で売れてるからってここまで露骨な 対抗策を出してくるとは・・ホンダの首脳陣も頭が痛いに違いない。 実燃費は10.15モードほどの差がないとはいえ、 やはりプリウスの方がいいし、車格も上だ。

となれば、スペックで車を選ぶ人からすれば、 これはものすごく魅力的に映るに違いない。 大変な商品競争力だと言えるだろう。

言ってみれば、カローラ(よりもプレミオ/アリオン?)と フィットを比べるようなモンなので、黙ってみていればええのにと思うが、 トヨタとしては黙っていられないらしい。 こういうことができると言うことは、それだけトヨタの企業体力がすごいと言うこと。 ホンダにしてみれば、メーカーとしての地力の差を見せつけられた格好だ。

しかも、当初260万程度と見られていた新型プリウスも インサイト対抗で最低価格が205万円になるらしい・・・。

トヨタは、他社の車が自社より売れるのがどうしても我慢ならないらしい・・・。 まぁ、これは正当な競争なので、文句を言う筋合いのものではないが、 商売のやり方としてはあまり感心はしない。 だから、最近のトヨタはどうしても好きになれないのだ。
しかも、現行プリウスを旧価格で買っちゃった人に申し訳なくないのか?

これで、インサイトが売れなくなって、 ホンダがインサイトをあきらめるようなことがあっても 、プリウスを再値上げしちゃダメよ、トヨタさん(笑)。

|

« 農業の魅力って何だ | トップページ | 政策も研究も担当者は現場を見てから! »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524199/44376920

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ、現行プリウス値下げ・・・なりふり構っちゃいられない?:

« 農業の魅力って何だ | トップページ | 政策も研究も担当者は現場を見てから! »