« 土作りをしよう | トップページ | 基準値超過などによる農作物(その他食品も)の回収を考え直そう »

唐突だが、車のレビュー「インサイト」

と言うわけで、唐突に車のレビューである。とはいえ、表題の「インサイト」は初代はもう過去のモデルであり、2代目はまだコンセプトモデルが海外のショーで紹介されただけなのでレビューと言っても雑誌で得られる情報からわかる範囲で自分の勝手な意見を述べるだけなのをご容赦頂きたい。そのうち、発売されて試乗したらまたそのあたりの感想を書きたいと思ってはいる。

ちなみに自分はホンダファンであるので、妙にホンダに好意的であると感じた方は、その通りなのでその辺り割り引いて読んで頂きたい。

となると、とりあえず何か言えるとしたらエクステリアやインテリアデザインに関する事だけになるので、今回はそのあたりについて論評したいと思う。

まずはエクステリアであるが、誰でも初めて見たときは「ホンダ製プリウス?」と感じるだろう。開発者の弁によれば、あのサイズで空力を追求するとどうしてもあのようなスタイリングになるのだという。それはそうかもしれないが、ホンダファンの自分としては本田宗一郎氏の遺志を汲んで、空力は追求しつつも意地でも似ていないスタイリングとして欲しかった。ただ、実車は写真で見るほど似ていないのではないかとは思う。よく見るとルーフの角度がずいぶん違うし、インサイトの方が車高も低いようだ。リアスタイルも似ていると言うが、あのエクストラウインドウのデザインもプリウスよりも先代インサイトの方が先に取り入れていたものだ。さらに言えば、ホンダにしてみれば2代目CR-Xからの流れとも言えるだろう。それに、自分としてはインサイトの方がかっこいいと思う。
とはいえ、ほとんどの人は見た瞬間「似てる」と思うだろうしプリウスの方がメジャーなのだから、何を言ってもいいわけに聞こえてしまうだろう。ただ、トヨタは過去に何度もホンダ車のパクリでホンダを痛い目に遭わせてきたので、文句は言えまいが。

そこで、今日ホンダのHPでインサイトの動画を見てみた。斜め前、および斜め後ろから見た構図が一番プリウスにそっくりである。ホンダとしては、斜め前の写真を一番に公開したのがまずかったのではないか。とはいえ、その構図が一番クルマのスタイリングを良くあらわしていると思うので、仕方はないかと思う。

しかし、実際に走っている場面を見ると、真横から見た時にルーフの角度やリアエンドへの流れがプリウスとはずいぶん違うことがわかる。空力を考慮しながら違うクルマに、とホンダとしては努力したのに結果似てしまったというのは、これを見ると自分としては納得できる。これで似ていると言われたら(実際似ているわけだが)ハッチバックで5人が乗れるハイブリッド車を作ろうと思うと、空力を追求できないことになってしまうだろう。

5人乗れなくてもいい、と言うことになればスポーツハイブリッドを標榜してコンセプトモデルが公開されているCR-Zがあれだけかっこいいのだから、ホンダとしてもインサイトのデザインをもっとどうにかしたいとは思っていたに違いない。・・・と思いたい。

 

|

« 土作りをしよう | トップページ | 基準値超過などによる農作物(その他食品も)の回収を考え直そう »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524199/43201269

この記事へのトラックバック一覧です: 唐突だが、車のレビュー「インサイト」:

« 土作りをしよう | トップページ | 基準値超過などによる農作物(その他食品も)の回収を考え直そう »